ストレスからくる抜け毛
思いついた人

ストレスからくる抜け毛

頭皮の汚れhttp://www.veryer.com/muke1.html以外にストレスに原因する抜け毛というのは、多くの場合職場や家庭など自分自身を取り巻く環境に起因すると言われています。
そもそも「ストレス」は、体調不良や精神状態を乱す以外にも、発毛サイクルを乱して薄毛や抜け毛の原因などに繋がっていきます。
ストレスの程度が増えてくると、人間の体内には男性ホルモンが増加します。

さらに交感神経が刺激され、血流が滞り、その結果毛根の奥に存在する毛母細胞が血液から栄養を満足に摂りこめなくなっていきます。
毛母細胞が正常に栄養を摂りこめなくなれば、それだけ髪は栄養失調状態に近づいていき、健康な毛髪を作ることができなくなり、次第にやせ細っていきます。
人間の目では直接確認ができない現象のため、最初のうちはあまり気になりませんが、段々と抜け毛の量が増えてきた方や髪にハリがなくなってきた方などは特に注意が必要です。

このようなストレス性の抜け毛を解決するには、やはりストレスの元となる原因、理由を解決することが一番効果的であると言われます。
職場や家庭に起因する原因というのは自分だけの問題ではない場合が多く、解決のしにくい問題ではありますが、少しでも負担が減るように、あるいは楽になるように工夫して、心からリラックスすることが大切です。
また、全身の力を抜いてリラックスしたり、頭皮をマッサージする、血流を改善するために温浴やサウナなども良い効果をもたらします。

休みの日は家でゆっくりと過ごすのも良いですが、ゆっくりと入浴して血行を改善してあげれば、頭皮の奥の毛母細胞にも良いはたらきかけができます。
また、慢性的な睡眠不足に陥っている方はかなりのストレスが溜まっていると考えられます。
自律神経に乱れが生じると、副交感神経の働きが正常でなくなり、毛母細胞など発毛にかかわる細胞が新しいものに生まれ変わることができません。
たとえ眠りにくくても、早め早めの時間帯からベッドに入ることを心がけるようにしてみましょう。
とにかく心も身体も健康であることが頭皮の健康につながります。 こちらhttp://webrsque.com/ikumou1.html詳しい解説をご覧になってください。

このページの先頭へ